#502 『挾間美帆/ダンサー・イン・ノーホエア』

閲覧回数 7,327 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Universal Music UCCJ-2162 ¥3,240(税込)

挾間美帆 m_unit:
Steve Wilson (as),  Ryoji Ihara (ts),  Jason Rigby (ts),  Andy Gutauskas (bs), Jonathan Powell (tp),  Adam Unsworth (F-hrn),  Tomo Akaboshi (vn),  Sita Chay (vn), Atsuki Yoshida (va),  Meaghan Burke (vc), James Shipp (vib),  Billy Test (p), Sam Anning (b),  Jake Goldbas (ds),  Kavita Shah (vox)
ゲストミュージシャン:Lionel Loueke (g),  Nate Wood (ds)

1  Today, Not Today
2  The Cyclic Number
3  RUN
4  Somnambulant (+ Lionel Loueke)  ※BMIチャーリー・パーカー・ジャズ作曲賞受賞曲
5  Il Paradiso del Blues
6  Magyer Dance
7  Olympic Fanfare and Theme (J. Williams /arr.: M. Hazama)
8  Dancer in Nowhere -いまここに立って風を感じるの- (+ Nate Wood)

録音:2018年8月 New Jersey


管楽器、打楽器と弦楽器。展開される音空間の愉快な表現を見事に再現。緻密なミックス・バランスも指摘できるが、マイキングも配慮したサウンドが聴ける。かぶりという難題から鮮明な楽器の輪郭を創造。エンジニアの葛藤が聴こえてくる。一言加えるなら、純粋なサウンドと言える。音量的なバランスの控えめの楽器が耳に美をもたらす。



及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。