#519 『鈴木良雄 BASS TALK / Beyond The Forest』

閲覧回数 5,844 回

text by Kimio Oikawa  及川公生

FRIENDS MUSIC  FMSC-1001  ¥2,700(税込)

鈴木良雄(bass)
野力奏一(piano, keyboards)
井上信平(flute, alto flute, bass flute, piccolo)
岡部洋一(percussion , congas)
*ゲスト:石川滋(bass)

1.ザ・カイトThe Kite  6:59
2.筏衆 Ikadashu  6:41
3.Monet モネ*  4:44
4.Mountain Spirits マウンテン・スピリッツ  2:43
5.Brezza di Cremona ブレッザ・ディ・クレモナ  5:55
6.Autumn Embrace オータム・エンブレース *  4:39
7.Canoe カヌー  5:59
8.Beyond the Forest ビヨンド・ザ・フォレスト  3:38
9.Cheers チアーズ  4:17

All the songs composed by Yoshio “Chin” Suzuki, except “Ikadashu” by Yoshio”Chin”Suzuki & Soichi Noriki.
All the songs arranged & programmed by Soichi Noriki.

プロデューサー:鈴木良雄、伊藤潔
コ・プロデューサー:野力奏一
2018年11月 サウンド・シティ・スタジオ(東京)にて録音
録音:後藤昌司
2018年12月ニューヨークにてミックス
エンジニア:ジェイ・メッシーナ


ベースを囲む、ピアノ、フルート、ドラム、のサウンドが気持良い。ベースの低音が心地良く、奏者のサウンドの特徴がうまく捉えられている。ミックス・バランスでベースの音像が明確に浮き上がり、低音部の力強さを引き出した技が強く印象に残る。オーディオ思考に触れたくなるベースのサウンドに、つい音量を上げてしまう。

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。