#533『トム・ピアソン/ラスト・ワークス』
『Tom Pierson / Last Works』

閲覧回数 931 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

AUTEUR3491/3  2,268円(税込)

tom pierson orchestra
sx/ww
blue lou marini
mark vinci
shu enomoto
neil johnson
michael lutzeier
tp
dominic derasse
mike ponella
tim leopold
lew soloff

tb
ben herrington
robinson khoury
dan levine
jeff nelson

rthm
tom pierson pno
kanoa mendenhall el-bs
pheeroan aklaff dr

1st set
1. abandoned 15:06
2. chandra lowery’s samba 06:24
3. by the martyr’s decree 10:43
4. times remembered 07:20
5. winter’s end 08:32
6. dark story 06:11
7. the pharaoh’s serpent 11:59

2nd set
1. elipsis 07:00
2. sultry 07:54
3. 45/8 18:38
4. in god’s name 05:28
5. two becoming 3 14:32

encore
6. among strangers 04:36
music by tom pierson

recorded at systems 2, brroklyn, ny,1/19-23, 2015 by roger rhodes
protools mix preparation by andy bevan and hiroshi sato at groove studio
produced by andy bevan
associate producer : ben herrington


ビッグバンドのサウンド。1st set と2nd set に録音上の仕掛けが違う。演奏にも変化が聴ける。各パートの神経質なアレンジとサウンドを、きめ細かいミックス技術で仕上げ、これがサウンドの特徴。空間感を使ったミックス。サックス、フルートの緻密さとバランスが聴く側の緊張を。2nd set は、開放感あふれるビッグバンドサウンド。サックスのソロから挟まれて聞こえる重いベースの表現。これはオーディオを刺激する。それぞれ、録音の神経注入がうかがえる。音像の左右空間広がりも快感につながる。

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。