#535『Paul Bley Trio / When Will The Blues Leave』
『ポール・ブレイ・トリオ/ホェン・ウィル・ザ・ブルース・リーヴ』

閲覧回数 2,675 回

text by Kimio Oikawa  及川公生

ECM2642

Paul Bley (piano)
Gary Peacock (double bass)
Paul Motian (drums)

1. Mazatlan (Paul Bley)
2. Flame (Paul Bley)
3. Told You So (Paul Bley)
4. Moor (Gary Peacock)
5. Longer (Paul Bley)
6. Dialogue Amour (Paul Bley)
7. When Will The Blues Leave (Ornette Coleman)
8. I Loves You, Porgy (George Gershwin

Concert recording by RSI, March 18, 1999 Aula Magna di Trevano, Lugano, Switzerland
Engineer : Werner Walter
RSI concert and recording producer : Paolo Keller
Album produced by Manfred Eicher


ドラムスを抑えたミキシングに、ピアノのサウンドが、強烈な印象で浮き上がる。低音部から高音部まで、エッジの効いた透明な音は、まさにマイキングの効果だ。ピアノに首を突っ込んだ感触そのもの。ベースの音も、近接感溢れて、「ナマ」より生々しい低音部の増幅は、オーディオ感覚を揺さぶられる。オーディエンスの拍手の音から推察して、ホールの音響空間をさらに広く感じさせられるピアノの残響感はマジック。ドラムスについて言えば、このミックス・バランスは、演奏者のシンバルの特徴を強烈に浮き上がらせている。

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。