#543『ビル・エヴァンス/エヴァンス・イン・イングランド 1969』

閲覧回数 879 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Resonance Records/King International KKJ 1035  ¥3,333+税(日本語解説付)

Bill Evans (p)
Eddie Gomez (b)
Marty Morell (ds)

Disc One:
1 Our Love Is Here to Stay (4:44)
2 Sugar Plum (9:44)
3 Stella By Starlight (6:23)
4 My Foolish Heart (4:41)
5 Waltz for Debby (7:59)
6 ‘Round Midnight (6:37)
7 The Two Lonely People (8:07)
8 Who Can I Turn To (When Nobody Needs Me) (7:20)

Disc Two:
1 Elsa (7:16)
2 What Are You Doing for The Rest of Your Life? (5:50)
3 Turn Out the Stars (5:20)
4 Re: Person I Knew (8:51)
5 Goodbye (2:39)
6 Come Rain or Come Shine (5:11)
7 Very Early (5:03)
8 So What (9:35)
9 Midnight Mood (5:07)
10 Polka Dots and Moonbeams (4:15)

Recorded live at Ronnie Scott’s Jazz Club in London, England, December 1969
Sound restoration by George Klabin and Frank Gala
Mastered by Frank Gala at Resonance Records Studio
Produced fro release by Zev Feldman
Executive producer: George Klabin


録音された年代から考えると、止むを得ないが、クリアーに録っているという思考から聴けば、重要な音源。ピアノの近接録音に金属的な刺激が少なく、当時として配慮の利いたマイキングと言える。ベースも同様。うなりの低音の聴かせどころに重量感を伴って、これはと耳を傾ける。ドラムのシャープさに勢いがあって、当時はこのような録り方が平常だった気がする。トリオの音源を一つ一つ、近接、重ねた音源はモノラル時代のミックスを知る。


♫ 関連記事
https://jazztokyo.org/column/analyze/bill-evans-our-love-is-here-to-stay/

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。