#545『川上ミネ/Pilgrim(ピルグリム)』

閲覧回数 817 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

B.J.L. DDCB-13048 ¥2,700+tax

Mine Kawakami 川上ミネ (piano)

01. CAMINO DE SANTIAGO  サンチャゴ巡礼道
02. ALHAMBRA アルハンブラ宮殿
03. SANTIAGO DE COMPOSTELA サンチャゴ・デ・コンポステラ
04. MEZQUITA コルドバのメスキータ
05. EL ESCORIAL エル・エスコリアル宮殿
06. SAGRADA FAMILIA サグラダ・ファミリア教会
07. TOLEDO トレド
08. BAEZA バエサ アンダルシア
09. SEGOVIA セゴビア
10. TEIDE  テイデ カナリア諸島
All Composed by Mine Kawakami

Recorded at Estudio UNO Colmenar Viejo Madrid, Spain, March, 19&20 2019
Engineer: Luis Del Toro
Field Recordings at Madrid, Toledo, Segovia & Santiago de compostela, March 17,18,23,24,27, 2019 Mixed & Post-production at Studio KK Tokyo, April & May
Engineer: Kentaro Kikuchi
Mastered at AUBRITE MASTERING STUDIO Tokyo, May 29, 2019
Engineer : Yoei Hashimoto
A&R : Kenji Seki (AWDR/LR2)
Producer & field recordings : Takashi Tannaka


音場感のゆったりした響に乗る豊かなピアノの響きが、凄く印象的。バックグラウンドのざわざわした音から繋がるピアノは印象的。マイキングの極めて神経質なセットに感服。事前の演奏者とモニターのテストに時間を要したと推察。バックグラウンドは明らかに弦楽器と解る音源が加わる。これに透明度を増したピアノは、さらに音場感を強める。ミックス・バランスが見事。


及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。