#554『上原ひろみ/スペクトラム』
『Hiromi Uehara / Spectrum』

閲覧回数 671 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

初回限定盤SHM-CD 2枚組 UCCO-8031/2 ¥3,564 (tax in)
通常盤SHM-CD UCCO-1211 ¥2,808 (tax in)
高音質SA-CD〜SHM仕様 UCGO-9054 ¥4,320 (tax in)

上原ひろみ (piano)

1. カレイドスコープ
2. ホワイトアウト
3. イエロー・ワーリッツァー・ブルース
4. スペクトラム
5. ブラックバード
6. ミスター・C.C.
7. ワンス・イン・ア・ブルー・ムーン
8. ラプソディ・イン・ヴァリアス・シェイズ・オブ・ブルー
9. セピア・エフェクト

【初回限定盤ボーナスCD】

1. BQE
2. シシリアン・ブルー
3. シュー・ア・ラ・クレーム
4. パッヘルベルのカノン
5. ビバ! ベガス – ショー・シティ・ショー・ガール
6. ビバ! ベガス -デイタイム・イン・ラスベガス
7. ビバ! ベガス -ザ・ギャンブラー
8. プレイス・トゥ・ビー

2010年8月20日 & 21日 ブルーノート・ニューヨークにてライヴ録音
2019年2月20日~22日 カリフォルニア州マリン・カウンティ、スカイウォーカー・サウンドにて録音
プロデューサー : 上原ひろみ&マイケル・ビショップ


重厚なサウンドに驚愕。録音技術からの視点で、このサウンドを解釈すると、今までに聴いたことがない録音手法。これに奏者の思うサウンドの夢が見事にでき上がったと、私は思う。

これを経験した後のサウンド造りは、困難を伴うのでは。近接マイキング手法はわかるが、この分解能のいい音は、どの様にして作られたか?分析ができない。アタックと反応する残響の豊かさ。切れ味、炸裂する混濁のサウンドに分解能という音の表し方を大きく評価しなくてはならない。

SHM-CD。SA-CD、SHM仕様。しばらく遠ざかったオーディオ思考にも刺激だ。

♫ CDレヴュー(悠雅彦)
https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-44580/


及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。