#555 『Kishiko / Love & Ballads』

閲覧回数 1,080 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

『Kishiko / Love & Ballads』
01. Dream A Little Dream Of Me(私を夢見て)
02. Day By Day(デイ・バイ・デイ)
03. When I Fall In Love(恋に落ちた時)
04. What A Friend We Have In Jesus(いつくしみ深き)
05. Just The Way You Are(素顔のままで)
06. The Masquerade Is Over(ザ・マスカレード・イズ・オーバー)
07.  Summertime(サマータイム)
08. But Beautiful(バット・ビューティフル)
09. All Of Me(オール・オブ・ミー)
10. Alfie(アルフィー)
11. What A Difference A Day Made(縁は異なもの)
12. Jesus Loves Me(主われを愛す)
13. Stardust(スターダスト)

Kishiko (vocal)
土井一郎ピアノトリオ
土井一郎 (piano, Fender-Rhodes, guiro)
山村隆一 (bass, guiro)
マイク・レズニコフ (drums )

Recorded at Studio Sound DALI, 9/10, 9/11, 2018
Mixed & mastered at Studio Ton Meister, 10/10, 10/25, 11/5, 2018
Recording & mastering engineer:三住和彦(Kazuhiko Misumi)
Assistant engineer:石田涼介(Ryosuke Ishida)
Piano tuner:齋藤隆行(Takayuki Saito)
Produced by 永野雅俊 (Masatoshi Nagano)

2019年11月20日発売


ボーカルを邪魔しないバックの音質に注目。当然、ボーカルの質感にはオンマイクの情景が鋭く聞かれる。声のエッジを強調して音像を仕掛けている。曲によって音像を保ちながら質感が異なる。ベースがゆったりとした低音部を聞かせ、上手いバランスとミックスだ。ピアノの角の取れた音色が絶品。

*本誌関連記事
Interview #196 「ヴォーカリスト Kishiko」
https://jazztokyo.org/interviews/post-45562/

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。