#563『藤吉 Toh-Kichi/梅花藻(ばいかも)』

閲覧回数 852 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

LIbra Records LIBRA202-59 ¥2630(税込)

藤吉 – Toh-Kichi;
藤井郷子 (p)
吉田達也 (ds)

1. Gidvbadhophen (Satoko Fujii & Tatsuya Yoshida)
2. Rolling Down (Satoko Fujii)
3. Hvwebsjhoill (Satoko Fujii & Tatsuya Yoshida)
4. No Reflection (Tatsuya Yoshida)
5. Zpajigemfluxss (Satoko Fujii & Tatsuya Yoshida)
6. Baikamo (Satoko Fujii)
7. Ajhisakdafitch (Satoko Fujii & Tatsuya Yoshida)
8. Aspherical Dance (Tatsuya Yoshida)
9. Djofaksobhisc (Satoko Fujii & Tatsuya Yoshida)
10. Laughing Birds (Tatsuya Yoshida)
11. Ovgwebkwum (Satoko Fujii & Tatsuya Yoshida)
12. Front Line (Satoko Fujii)
13. Ruvwsevjieck (Satoko Fujii & Tatsuya Yoshida)
14. Climber’s High (Tatsuya Yoshida)
15. Walsjhechrifo (Satoko Fujii & Tatsuya Yoshida)
16. Ice Age (Satoko Fujii)

Recorded at Artoia Studio 2, Nagoya, July 24, 2019 by Tatsuya Yoshida  and assisted by Yasuhiro Usui
Tracks 2,4,14 and 16 were recorded live at Live & Restaurant Bar Monk, Matsuyama, February 26, 2019 by Toshihiro Toyoshima, Akio Ishiyama, Naofumi Sato and Mitsuru Itani
Mixed and mastered by Tatsuya Yoshida, August 2019
Executive producer: Natsuki Tamura


ピアノとドラムの表情展開が面白い音場を展開。
叩きつけるピアノの音像が左右空間に飛び散る様は仰天。音圧の怒涛は、録音手法のマジックで不快感は全くない。バランスの隠し味が、そう聴かせるのだ。ドラムの少し引いたバランスと、ピアノに負けじと音圧の快感。内部奏法との掛け合いも、素晴らしいバランスに組み立てられている。

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。