#568『海原純子/RONDO』

閲覧回数 643 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

VOIX-D’OR JXCP-1119 ¥3000+tax

海原純子 (vo)
若井優也 (p)
安ヵ川大樹 (b on 1,2,3,4,7&8)
海野俊輔 (ds on 1,2,3,4,5,6,8&9)
伊地知大輔 (b on 5&6)
スティーヴ・サックス (fl,as on 5,6&9)

1. Everything Happens To Me
2. Give Me The Simple Life
3. Embraceable You
4. Then And Now*
5. O Conto das Nuvens(雲の物語)*
6. I Got Rhythm
7. The Boy Next Door
8. Moonray
9. It Might As Well Be Spring
10.Ordinary Fool
(*印は海原純子作詞によるオリジナル曲)

録音:2019年7月14~16日@テレビ朝日ミュージック六本木スタジオ
録音エンジニア:松下真也
MIX :テレビ朝日ミュージック六本木スタジオ
マスタリング:Dede AIR Mastering,  NY
マスタリング・エンジニア:吉川昭仁
ミュージカル・ディレクター:若井優也
Produced by Junko Umihara


ボーカルの質感が、まさに肉声の感触で、見事な仕上げだ。ボーカルを包み込む、ピアノ、ベース、ドラム、サックスの音像が豊かな音場感を作り出して、溶け合いが見事に出来上がっている。素晴らしい録音テクニックだ。切れの良い輪郭と余韻の豊かさ、演奏の軽やかな雰囲気を、録音手法で作り出した技に満点で評価したい。



♫ Interview
https://jazztokyo.org/interviews/post-46631/

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。