#570 『佐藤允彦&豊住芳三郎/合気』
『Masahiko Sato & Sabu Toyozumi/Aiki』

閲覧回数 1,206 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

NoBusiness Records CD:NBCD 120/LP:NBLP 129(限定300枚)

Masahiko Satoh  (piano)
Sabu Toyozumi  (drums)

1. The Move for the Quiet
2. The Quiet for the Move
3. The Aiki (LP only)
All music composed by Masahiko Satoh and Sabu Toyozumi

Recorded live on the 26 th March 1997 at C.S.Aka-Renga, Yamaguchi City, Japan by Takeo Suetomi
Concert produced by Takeo Suetomi
Mastered by Arūnas Zujus at MAMAstudios
Front cover photos by Akihiro Matsumoto
Design by Oskaras Anosovas
Album produced by Danas Mikailionis & Takeo Suetomi


ドラムのエッジの拡散がライブ空間を泳がせる。シンバル、キック。高音域と低音域。重い音の打撃音と金属のエッジの表現。これに、覆いかぶさるピアノの明瞭な音。肉厚で中音域の音像が音場空間を支配する。ドラムの近接感。ピアノのオンマイク感。これが密度の濃い音場を作り出してる。

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。