#575『小曽根真 featuring No Name Horses』

閲覧回数 8,307 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Universal Music UCCJ-2175  ¥3300(税込)

小曽根真 featuring No Nmae Horses;
小曽根真(Leader, piano, Hammond B-3 organ)
エリック・ミヤシロ(trumpet, flugelhorn)木幡光邦(trumpet, flugelhorn)奥村晶(trumpet, flugelhorn)岡崎好朗(trumpet, flugelhorn)<以上トランペット>
中川英二郎(trombone)Marshall Gikes (trombone) 山城純子(bass trombone) <以上トロンボーン>
近藤和彦(alto saxophone, soprano saxophone, flute)池田篤(alto saxophone, flute)三木俊雄(tenor saxophone)岡崎正典(tenor saxophone, clarinet)岩持芳宏(baritone saxophone, bass clarinet)<以上サキソフォーン>
中村健吾(acoustic bass & electric bass)高橋信之介(drums,  gong)

1.  You’re My Heaven,  You’re My Hell (小曽根真)
2.  Carrots Or Bread ? (小曽根真)
3.  I Try To Imagine (小曽根真)
4.  Rainbow(エリック・ミヤシロ)
5.  Camellia(三木俊雄)
6.  12 Colors  (中川英二郎)
7.  Little Bird Blues (池田篤)
8.  Until We Vanish (小曽根真)
9.  Time Thread (小曽根真)


ビッグ・バンドでありながらロックやファンク調のサウンド。

爆発音でありながら混濁のない録音が秀逸。明瞭な個々のセクションが明瞭であり、それが超絶音色で捉えられている。録音時のマイキングの工夫も困難であったと推察。当然ながら、ミックスバランスも見事。鮮明なバランスに乗ったサウンドに身震いさえする。さらにトゥッティの音圧に圧倒され、見事なダイナミック・レンジのディスクだ。


及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。