# 586『マル・ウォルドロン/フリー・アット・ラスト』(Extended Edition)

閲覧回数 3,895 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

ECM1001

Mal Waldron (piano)
Isla Eckinger (bass)
Clarence Becton (drums)

1 Rat Now  Mal Waldron 10:22
2 Balladina  Mal Waldron 5:04
3 1-3-234  Mal Waldron 4:06
4 Rock My Soul  Mal Waldron 11:24
5 Willow Weep For Me Ann Ronell 7:33
6 Boo Mal Waldron 3:26
7 1-3-234 (Var.) Mal Waldron 5:25
8 Balladina (Var.) Mal Waldron 9:09
9 Boo (Var.) Mal Waldron 3:33
10 Willow Weep For Me (Long Version) Ann Ronell 9:46

Recorded on November 24, 1969 at Tonstudio Bauer, Ludwigsburg, Germany
Recorded by Kurt Rapp
Produced by Manfred  Scheffner/Jazz by Post
Super vised by Manfred Eicher


マル・ウォルドロンのサウンドが明確に表に出ていることに、驚きの一瞬を味わう。明瞭で弦の響きに特徴が。エッジの効いた高域に艶のあるサウンドは特筆もの。ベースの輪郭は強調されていない当時の録音サウンド。これがピアノの明瞭さを引き立ていると解釈できる。ドラムの音質が高音域に集中。これがピアノのエッジ表現と混合。当時のミックス・バランスを味わうことができる。


及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。