#594 『グレゴリー・ポーター/オール・ライズ』

閲覧回数 1,696 回

text by Kimio 及川公生

Blue Note / ユニバーサル・ミュージック  UCCQ1122

1.コンコード / Concorde
2.ダッド・ゴーン・シング / Dad Gone Thing
3.リヴァイヴァル / Revival SongYouTube
4.イフ・ラヴ・イズ・オーヴァーレイテッド / If Love Is Overrated
5.フェイス・イン・ラヴ / Faith In Love
6.マーチャンツ・オブ・パラダイス / Merchants Of Paradise
7.コング・リスト・オブ・トラブルズ / Long List Of Troubles
8.ミスター・ホランド / Mister Holland
9.モダン・デイ・アプレンティス / Modern Day Apprentice
10.エヴリシング・ユー・タッチ・イズ・ゴールド / Everything You Touch Is Gold
11.フェニックス / Phoenix
12.メリー・ゴー・ラウンド / Merry Go Round
13.リアル・トゥルース / Real Truth
14.ユー・キャン・ジョイン・マイ・バンド / You Can Join My Band
15.サンキュー / Thank You
16.※日本盤のみボーナス・トラック収録予定
Music by Gregory Porter

プロデューサー:トロイ・ミラー
録音:キャピトル・スタジオ(LA)、サン・ジェルマン・スタジオ(パリ)、アビイ・ロート・ス タジオ(ロンドン)て


ボーカルの質感とエネルギーが、堂々とセンターの音像を形成。バックは豪華な環境の録音。資料を読むにつけ、その情景が浮かんでくる。LAのキャピトル・スタジオ。パリのサン・ジェルマン・スタジオ。ロンドン交響楽団のストリングスをアビイ・ロード・スタジオ。筆者は幸運にも全て経験のあるスタジオ。情景とサウンドが結びついて、絶好のサウンドに仕上がって、聴きごごち満点。ボーカルを含めて、のびのびした音像群で、思わず大音量に向かって聞いた。


及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。