#605『Marcin Wasilewski Trio, Joe Lovano / Arctic Riff』
『マルチン・ヴァシレフスキ・トリオ、ジョー・ロヴァーノ/アークティック・リフ』

閲覧回数 5,054 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

ECM 2678 2020

Marcin Wasillewski  (piano)
Slawomir Kurkiewicz  (double bass)
Michal Miskiewicz  (drums)
Joe Lovano  (tenor saxophone)

01 Glimmer Of Hope (Marcin Wasilewski)
02 Vashkar (Carla Bley)
03 Cadenza (Marcin Wasilewski, Slawomir Kurkiewicz, Michal Miskiewicz)
04 Fading Sorrow (Marcin Wasilewski)
05 Arco (Marcin Wasilewski, Slawomir Kurkiewicz, Michal Miskiewicz)
06 Stray Cat Walk (Marcin Wasilewski, Slawomir Kurkiewicz, Michal Miskiewicz)
07 L’amour Fou (Marcin Wasilewski)
08 A Glimpse (Marcin Wasilewski, Slawomir Kurkiewicz, Michal Miskiewicz)
09 Vashkar (var.) (Carla Bley)
10 On The Other Side (Joe Lovano)
11 Old Hat (Marcin Wasilewski)

Recorded at Pernes-les FontainesのStudios La Buissonne, August 2019
Engineer: Gerard  de Haro
Mastered by Nicolas Baillard
Produced by Manfred Eicher


空間の響きが心地いい雰囲気をもたらす。ピアノの抜けのいい鮮明なサウンドは優秀録音の証だ。テナーの近接音にもオンマイクの鋭さが空間を表現していて、耳に鋭い感触を低減させて聞かせる。ドラムも同様。キックのみ音像に強く表現される。シンバル系はまさに飾りだ。左右空間いっぱいのピアノの音像にベースのセンター音像の大きさが印象的。

♬ CDレヴュー(淡中隆史)
 https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-54062/ ‎



及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。