#614『Jeff Cosgrove / History Gets Ahead Of The Story』
『ジェフ・コスグローヴ/ヒストリー・ゲッツ・アヘッド・オブ・ザ・ストーリー』

閲覧回数 7,568 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Grizzley Music 2020

Jeff Cosgrove ジェフ・コスグローヴ- Drums
John Medeski ジョン・メデスキー- Organ
Jeff Lederer ジェフ・レデラー- Saxophone/Flute

1. O’Neal’s Porch 06:54
2. Corn Meal Dance 06:14
3. Gospel Flowers 06:21
4. Little Bird 05:30
5. Ghost 06:41
6. Moon 05:58
7. Things Fall Apart 04:28
8. Wood Flute Song 04:36
9. Purcell’s Lament 06:07
10. Harlem 06:24
All songs composed by William Parker except Ghost by Cosgrove and Gospel Flowers+Purcell’s Lament by Lederer.

Recorded at Applehead  Recording Studio, Saugerties, NY
Recording engineer: Chris Bittner
Mixed and mastered by Mike Marciano, Systems Two, Long Island, NY
Produced by Jeff Cosgrove
Executive producer: Jeff Lederer


オルガンのサウンドがすべてに濃厚な方向に向かわせている。
サックス、ドラム、の低音域から中音域帯の充実した音は、濃厚さを感じさせて、近接音の低音部がエネルギーを発散。オーディオ思考に牽引させられる。ミックス技術とマスタリング技術の底力は無視できない。オルガンのエネルギーを保ちながら、明確な音像を聞かせるサックス、ドラムは秀逸。


♬ 試聴サイト
https://motiansickness.bandcamp.com/album/history-gets-ahead-of-the-story
♬ CD評(稲岡邦彌)
https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-54859/

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。