#612『奥平真吾 The New Force+1 / No More Blues (Chega De Saudade)』
『奥平真吾 The New Force +1/ノー・モア・ブルース(シェガ・ジ・サウダージ)』

閲覧回数 6,714 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

PitInn Music PILM0008 ¥2,750(税込)

奥平真吾 (ds)
岡 淳 (sax&fl)
堀 秀彰 (pf&key)
古木佳祐 (b)
馬場孝喜 (gtr)

1. No More Blues ~Chega De Saudade~ / by Antonio Carlos Jobim 07:48
2. Waltz For Zweetie / by Walter Bishop Jr 05:24
3. Hackensack / by Thelonious Monk 06:04
4. Look Up Into The Sky / by Takayoshi Baba 07:13
5. Blues Truth / by Shingo Okudaira 07:04
6. Peace / by Horace Silver 06:14
7. Friday Night At The Cadillac Club / by Bob Berg 05:45
8. Dolphin Dance /by Herbie Hancock 07:53
9. Seven Come Eleven / by Charlie Christian, Benny Goodman 05:59

Recorded at Studio TLive on Feb 17,18th 2020
Recording, Mixing and Mastering Engineer : Akinori KIKUCHI (PIT INN MUSIC)
Mix & Mastered at PIT INN MUSIC WORK ROOM Studio
Produced by Shingo OKUDAIRA
Co-Produced by Jiro SHINAGAWA (PIT INN MUSIC)
Executive Producer Yoshitake SATO (PIT INN MUSIC)


丁寧なサウンドにまとめたミックスの努力が聴き取れる
オーディオの感触が心地いい。モニターに用いたスピーカーの記載が、聴きどころの気持ちを揺する。ピアノ、ギターのサウンドに落ち着きを感じると、ドラムの強烈な音像がセンターに立ち上がる。時に距離感を感じさせるシンバルの響きにはミックスの細やかさを感じる。

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。