#620 『CHRISTOPH IRNIGER TRIO with Ziv Ravitz & Raffaele Bossard + Loren Stillman. Guest Nils Wogram/ Open City』
『クリストフ・アーニガー/オープン・シティ』

閲覧回数 1,601 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

INTAKT CD 349

Christoph Irniger: Tenor Saxophone
Raffaele Bossard: Bass
Ziv Ravitz: Drums
Loren Stillman: Alto Saxophone
Nils Wogram: Trombone

1. My World 06:16
2. Open City 05:01
3. Calling 04:40
4. Ballad 04:19
5. 40 Years of an Old Wise Lady 05:59
6. Hot and Humid 02:52
7. The New Dope 04:08
8. Time 04:33
9. Mass Media Minion 04:37
10. Three Little Birds 04:34

Recorded January 19 & 20, 2020, at Hardstudios in Winterthur by Michael Brändli.
Recording coproduced by Radio SRF2 Kultur. Mixed by Ziv Ravitz.
Mastered in April 2020 at Hardstudios in Winterthur by Michael Brändli.
Cover art: Jazzberry Blue.
Graphic design: Jonas Schoder.
Liner notes: Manfred Papst.
Photo: Ziv Ravitz. Published by Intakt Records.
Produced by Christoph Irniger and Intakt Records.


ドラムが鮮明な空間の音場を作り、音質のいい展開を感じる。
アルト、トロンボーン。このサウンドの透明感とツヤのある音質に思わず声を上げてしまった。空間の音場をツヤを持って表現している。
オンマイクは想像するが、ちょっと空間の音を交えてマイキングに工夫がある。その音像が、すごく強烈に印象に残る。録音とミックスの場面において整えられたと感じ、マイキングの選択が仕上げた録音技術だ。

 https://christophirniger.bandcamp.com/album/open-city

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。