#628 『ダフニス・プリート/トランスパレンシー』
『Dafnis Prieto / Transparency』

閲覧回数 8,747 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Dafnison Music

DAFNIS PRIETO SEXTET:

Román Filiú, Alto & Soprano Sax
Alex Norris, Trumpet
Peter Apfelbaum, Tenor Sax, Melodica & Percussion
Alex Brown, Piano
Johannes Weidenmueller, Acoustic & Electric Bass
Dafnis Prieto, Drums & Music Director

1. Amanecer Contigo
2. No Es Fácil
3. Uncerntradition
4. Con Alma
5. Cry With Me
6. On the Way
7. Feed the Lions
8. Nothing or Everything
9. Lazy Blues
All compositions by Dafnis Prieto except Con Alma by Dizzy Gillespie
All arrangements by Dafnis Prieto

Recorded by Mike Marciano of Systems Two Recording Studio on March 9 & 10, 2020 at The Samurai Hotel Recording Studio, Astoria, NY
Mixing & Mastering Engineer: Mike Marciano, Systems Two Recording Studio, Long Island, NY
Assistant Engineer: Max Ross
Mixing: Mike Marciano, Dafnis Prieto & Eric Oberstein
Produced by Dafnis Prieto & Eric Oberstein
Executive Producers: Lindsay Evans, Harsha Murthy


なんと穏やかなサウンド。Sax、Tp.の音質は経験したことのない爽やかさ。意図的なサウンドとしたなら、特質な傾向と言える。
ジャズを意識した音創りはドラムに現れる。
ソプラノサックスのソロ。気持ちが落ち着く和やかな音質。穏やかさが一層、印象的な爽やかさだ。クラシックのバランス感覚と言えよう。
音像からはスタジオ録音だが、バランスからはワンポイントを想像する。


関連記事
CDレヴュー(小西啓一)
https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-57980

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。