#631 『Angelo Verploegen / The Art of Traveling Light』
『アンジェロ・フェルフーヘン/アート・オブ・トラヴェリング・ライト』

閲覧回数 7,959 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Just Listen Records

Angelo Verploegen (flugelhorn)
アンジェロ・フェルフーヘン
Wim Bronnenberg (electric guitar)
ヴィム・ブローネンベルク
Jasper van Hulten (drums)
ヤスパー・ファン・フルテン

1. Hub’s Hub (Verploegen) 03:38
2. You’d Be So Nice To Come Home To (Porter) 07:47
3. Estate (Martino) 05:56
4. Time After Time (Styne) 04:42
5. Nature Boy (Ahbez) 04:30
6. Een Beetje Zenuwachtig (A Bit Nervous) (Mengelberg) 06:22
7. Dance Of The Infidels (Powell) 05:43
8. Baubles, Bangles And Beads (Borodin, Wright, Forrest) 05:22
9. Cry Me A River (Hamilton) 06:41
10. File Under Exit (Verploegen) 04:43
11. In The Wee Small Hours Of The Morning (Mann, Hilliard) 02:05
Total time: 57:34

Recorded at MCO Hilversum, June 17 &18 2020
Recording & Mastering engineer: C. Jared Sacks
Higher rate mastering: Tom Cailfield
Producers: C. Jared Sacks & Jonas C. Sacks


近接のフリューゲルと臨場感のドラムとエレキギターの良質のサウンド。これらが、神経質にミックスされた録音。穏やかな空間を作り出した音場はお見事。ほとんど整音など手法は使わず、ミックス・バランスのみでの音質を感じる。
ドラムの臨場感に加えて、キックだけオンマイクの音であることの不思議。エンジニアの何か仕掛けを感じるのだ。

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。