#642 『Sabu Toyozumi & Mats Gustafsson / HOKUSAI』
『豊住芳三郎&マッツ・グスタフソン/北斎』

閲覧回数 8,269 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

NoBusiness Records NBCD 134

Sabu Toyozumi  豊住芳三郎  – drums
Mats Gustafsson – baritone saxophone,  fluteophone, flute

CD:
1. Sunflower  10:45
2. Woman with a Cat 10:02
3. Manga by Hokusai (Gustafsson solo)  8:11
4. Red View of Mount Fuji (Toyozumi solo)  15:28
5. For Ever-Advancing Artistry 20:48

LP: (NoBusiness Records NBLP 139:Edition of 400 copies)
Side A
1.SUNFLOWER
2.WOMAN WITH A CAT
Side B
1.FOR EVER – ADVANCING ARTISTRY

All music improvised and composed by Sabu Toyozumi and Mats Gustafsson
Recorded live on 11th and 12th June, 2018 at Jazz Spot Candy, Chiba, Japan by Kunimitsu Tsuburai / 粒来国充
Concert produced by Miyoko Hayashi / 林美葉子 Jazz Spot Candy
Mastered by Arūnas Zujus at MAMAstudios
Photos by Miyoko Hayashi and Kunimitsu Tsuburai
Design by Oskaras Anosovas
Produced by Takeo Suetomi 末冨健夫 and Danas Mikailionis
Co-produced by Valerij Anosov
Release coordinator: Kenny Inaoka from Jazz Tokyo

*CD,LP共にChapChapRecords,防府市で購入可能。
https://www.chapchap-music.com/


ライブ録音。思い切って空間の表情は薄い。センター集中で音像に仕上げている所に感じるものが。
ドラム、バリトン・サックス、フルートのエネルギーが両耳に突き刺さる感触。ここを狙ったと推察。狭い空間のライブであり音場より音圧を狙ったと解釈。その方が、グググっとくる。

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。