#643 『Derek Bailey&Mototeru Takagi / Live at FarOut, Atsugi 1987』
『デレク・ベイリー&高木元輝/ライヴ・アット・厚木FarOut 1987』

閲覧回数 1,749 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Derek Bailey – guitar
Mototeru Takagi 高木元輝 – soprano sax

CD: NoBusiness Records NBCD 132

1. Duo I   28:11
2. Duo II 17:38
3. Duo III 8:09
4. Duo IV   16:38

LP: NoBusiness Records NBLP 141 (Edition of 300 copies)

Side A
DUO I

Side B
DUO III
DUO IV

All music improvised and composed by Derek Bailey and Mototeru Takagi
Recorded live in 1987 at FarOut, Atsugi, Kanagawa, Japan by Minoru Fukuda/福田稔
Mastered by Arūnas Zujus at MAMAstudios
Front cover photos by Asami Mitzhito (Derek Bailey) and Akira Saito 齊藤聡 (Mototeru Takagi)
Booklet photos by Asami Mitzhito (Derek Bailey) and Akihiro Matsumoto  松本晃弘(Mototeru Takagi)
Design by Oskaras Anosovas
Produced by Takeo Suetomi 末冨健夫, Kojiro Tanaka 田中康次郎 and Danas Mikailionis
Co-produced by Valerij Anosov
Release coordinator: Kenny Inaoka from Jazz Tokyo


ギター、ソプラノサックス、音源の近接録音で仕上げたサウンド。
これが、当時の簡易録音器カセットであれ、ここまで、音像の輪郭が鮮明で音域の不足を感じない録音はお見事。さらにマスタリング時でのギター、ソプラノサックス、の音域の中でオンマイクが拾った低音部分を確実に利用したサウンドも聴きどころである。


*LP,CDともに防府市 ChapChapレコードにて購入可能です。
https://www.chapchap-music.com/

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。