#650『Ky / CYRCLES』
『仲野麻紀キィ/サyクルズ』

閲覧回数 3,591 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

openmusic  OPJPCD1012

Ky:
Maki Nakano 仲野麻紀 (a.sax, metal clarinet)
Yann Pittard ヤン・ピタール(g, oud, fx)
Featuring:
Nicolas Pfeiffer ニコラ・フェイファー (doubele bass)
Mogan Cornebert モガン・コルネベール (drums)

1. Gymnopédies No.1 (E.Satie) ジムノペディ1番 (1888年)

2. Cyrcles 1 (Ky)
3. Le Yaching (E.Satie) ヨット遊び「スポーツと気晴らし(1914年)」より
4. Cyrcles 2 (Ky)
5. Cyrcles 3 (Ky)
6. La Balancoire (E.Satie) ぶらんこ「スポーツと気晴らし(1914年)」より
7. Cyrcles 4 (Ky)

録音:2019年 5月フランス
Recorded & Mixed by: Pipostar
Mastered by Tom Van Den Heuvel
Drawing by Mogan Cornebert
Cover art by Christine Guais
Produced by Ky for Openmusic


エリック・サティをアルト・サックスで。その音質に驚嘆。ソフトな質感を保ったアルトの響きは、簡単には得られない。奏者も心得たレコーディングである。驚きはウードの参加。極めて明快、エッジの効いた音で捉えて、存在感抜群。遠くからの情景を感じさせたり、直近の情景を表したり、ミックバランスに時間をかけた音だ。
資料を読むとジャズともクラシックとも言えない摩訶不思議な音世界とある。録音からミックス、マスタリングまで、録音の技術を丁寧に使った結果である。

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。