#652 『関根みちこ/Colorful Scenery』

閲覧回数 3,178 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

タイムマシンレコード

関根みちこ (vocal)
木畑晴哉 (piano)
*Kibata plays Bösendorfer Model 170

1. Lover Man
2.Emily
3.Where Do You Start?
4.The Boy From Ipanema
5.I Didn’t Know About You
6.Blackberry Winter
7.The Nearness Of You
8.East Of The Sun
9.People

Produced and arranged by Haruya Kibata
Recorded and mastered by Akihiko Goto
Recorded at Our star Studio , Japan, August 1&2, 2020

使用録音システム
1)金田式バランス電流伝送DCマイクロフォン (Schoeps MK2使用タイプ)x2
2)金田式バランス電流伝送DC録音ユニット
3)オーディオインターフェース RME Fireface UC


録音システムが記載されている。ボーカルの音像表現にマイクの使い方のうまさを聴く。自然さを引き出すマイクの選択と声の音像に、見事と言える録音結果が聴こえてくる。ピアノとのバランスも自然。ピアノの特徴も音域表現に現れていて、聴きどころと言えよう。参考までに記載されている録音システムを記載しておく。

金田式バランス電流伝送DCマイクロフォン(SHOEPS MK2使用タイプ)x2
金田式バランス電流伝送DC録音ユニット。
オーディオインターフェース RME Fireface UC



♬ 関連記事
CDレビュー
https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-62932/
Interview
https://jazztokyo.org/interviews/post-62745/

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。