#651 『坂田尚子/Dancing Spirits』

閲覧回数 3,117 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Pomperipossa Records

坂田尚子 Naoko Sakata (p)

1. Improvisation 1
2. Improvisation 2
3. Improvisation 3
4. Improvisation 4
5. Improvisation 5
6. Improvisation 6
7. Improvisation 7


自然さが伝わる感触のいいサウンド。スウェーデンの教会での録音が効果的に生きていて、重厚さが広がっている。低音域の表情が綺麗な響きになって明瞭さを表し、重々しい響きが明瞭感に変わっている。教会であれば、反射音を利用して欲しかった。


及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。