#661 『チャールス・ロイド&ザ・マーヴェルス/トーン・ポエム』
『Charles Lloyd & The Marvels / Tone Poem』

閲覧回数 546 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Blue Note/ユニバーサル・ミュージック・ジャパン
UCCQ-1133 ¥2,860 税込(SHM-CD) 

Charles Lloyd & The Marvels
Charles Lloyd (tenorsax, alto-flute)
Bill Frisell (guitar)
Greg Leisz (pedal steel guitar)
Reuben Rogers (bass)
Eric Harland (drums)

1. Peace (Ornette Coleman)
2. Ramblin (Ornette Coleman)
3. Anthem (Leonard Cohen)
4. Dismal Swamp (Charles Lloyd)
5. Tone Poem (Charles Lloyd)
6. Monk’s Mood (Thelonious Monk)
7. Ay Amor (Live) (Villa Fernandez Ignacio Jacinto)
8. Lady Gabor (Gabor Szabo)
9. Prayer (Charles Lloyd)
(Bonus track)
In My Heart (Brian Wilson, Gary L. Usher*)

Recorded by Michael C. Ross (M: 1 to 6, 8) at East West Studio, Los Andels, CA,  Adam Camardella (M: 7) at Noches  del Botanico, Madrid, Spain and Dom Camardella (M: 9) at Santa Barbara Sound Design, Santa Barbara, CA
Mixed by Michael C. Ross at Michael C. Ross Studio, Burbank, CA
Mastered by Bernie Grundman at Bernie Grundman Mastering, Los Angels, CA
Supervised by Joe Harley (Tone Poet)
Produced by Dorothy Darr and Charles Lloyd

テナー・サックス、ギター、ペダル・スチール・ギター、ベース、ドラムス。最強の感触で収録した音源。どれも録音手法に頼ったわけだが、サウンドに美しさを感じる。音源より耳の感触を鼓舞するサウンドの創作鑑賞が広がるディスクだ。

筆者の耳から操作された技術を述べても意味がない。オンマイクでの音色、遠近感の音色、こんなことでは得られない音の魅力に、オーと大声をあげて聞き惚れてボリュウムをあげ、筆者の経験値ではこれ以上の種明かしができない。


及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。