#666 『The Aaron Bahr Sextet / Places (Real and Imagined)
『アーロン・バール・セクステット /プレイシズ(リアル・アンド・イマジンド)』

閲覧回数 830 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Aaron Bahr- Trumpet and Compositions
Clay Lyons- Alto Saxophone
Eitan Gofman- Tenor Saxophone
Yoav Eshed- Guitar
Jonathan Elbaz- Piano
Kazuhiro Odagiri- Drums
Michael Bates- Bass

1.A Gathering Storm
2.Golden Hills
3.Lennie’s Pennies   Tristano
4.Places (Real and Imagined)
5.Fire Breather
6.Never let me go   Livingston and Evans
7.The Quiet Part out Loud
8.Ice Palace
9.Downtown

Recorded September 23&24, 2019 at Big Orange Sheep
Brooklyn NY


Sextet(6重奏団)編成。ピアノが鮮明に聞こえた瞬間に力のあるビッグバンドのようなサウンドが重厚な壁を引き出し驚嘆。ピアノが、ギターが浮き上がる。当然管楽器のソロが聴かせどころ。鮮明で、輪郭のしっかりした音像が見事。ベースの低音が聴きどころ、重低音が明瞭で気分がいい。ドラムも鮮明で音像もシャープ。ノリノリのアンサンブル・サウンドが部屋中に充満、録音技術の最高レベルを聴き通す。


及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。