#667 『Thomas Strønen|Ayumi Tanaka|Marthe Lea / Bayou』
『トーマス・ストレーネン|田中鮎美|マッテ・レーア/バイユー』

閲覧回数 13,158 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

ECM2633

Marthe Lea (マッテ・レーア clarinet, voice, percussion)
Ayumi Tanaka(田中鮎美. piano)
Thomas Stroenen (トーマス・ストレーネン drums, percussion)

1 BAYOU(Ayumi Tanaka, Marthe Lea, Thomas Strønen) 05:38
2 PASHA(Marthe Lea, Thomas Strønen, Ayumi Tanaka) 06:28
3 DURYEA(Marthe Lea, Ayumi Tanaka, Thomas Strønen) 03:37
4 NAHLA(Marthe Lea, Ayumi Tanaka, Thomas Strønen) 03:44
5 VARSHA(Marthe Lea, Ayumi Tanaka, Thomas Strønen) 04:04
6 EYRE(Marthe Lea, Ayumi Tanaka, Thomas Strønen) 04:27
7 DWYN(Thomas Strønen, Ayumi Tanaka, Marthe Lea) 04:14
8 BAYOU II(Thomas Strønen, Ayumi Tanaka, Marthe Lea) 01:01
9 COMO(Thomas Strønen, Ayumi Tanaka, Marthe Lea) 03:03
10 CHANTARA(Thomas Strønen, Ayumi Tanaka, Marthe Lea) 05:41

Recorded at Auditorio Stelio Molo RSI, Lugano
Engineer: Lara Persia
Cover photo: Caterina Di Perri
Liner photos: Daniel Vass, Knut Bry (p.11)
Design: Sascha Kleis
Produced by Manfred Eicher


参考写真がある。音像定位の参考になる。ステージを広く使用して残響をかなり重要なサウンドとしている。当然、ピアノの広がりがかなり重要。中高音域の透明感のある響きが、クラリネットの残響の豊富さを装飾して気持ちいい。クラリネットはピアノに近い位置にセットされたマイクで集音。かなり音量も強く印象に強く残る。ピアノの音像の逆にドラムがある。スネア、シンバル、バス等々が賑やかさを展開。ステージ上のサウンドを明瞭度の高い録音に完成させた技に感服。

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。