#669 『VeJay Iyer / Uneasy』
『ヴィジェイ・アイヤー/アンイージー(不安)』

閲覧回数 10,188 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

ECM2692

Vijay Iyer Piano
Linda May Han Oh Double Bass
Tyshawn Sorey Drums

1. Children of Flint
2. Combat Breathing
3. Night and Day
4. Touba
5. Drummer’s Song
6. Augury
7. Configurations
8. Uneasy
9. Retrofit
10. Entrustment

Recorded December 2019
Oktaven Audio Studio, Mount Vernon, NY
Engineer: Ryan Streber
Mastering: Christoph Stickel
Produced by VeJay Iyer and Mafred Eicher


透明なピアノのサウンドの気分がいい。ベースの輪郭もはっきりしていて、シンバルも明瞭。スネアーも快感。ピアノの流れに乗るベースがカッコいい。聴いているうちにベースの勢いが主軸に。ピアノに、スネアーに、痛快の流れ。残響がピアノを助け、大きな情景を作る。

♪ 関連記事
CDレヴュー(多田雅範)
https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-65826/


及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。