#670 『Liudas Mockunas / In Residency at Bitches Brew』
『リューダス・モツクーナス/イン・レジデンシー・アット・ビッチェズ・ブリュー』』

閲覧回数 12,069 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

NoBusiness Records

1. BROWN LINE
坂田明 Akira Sakata cl, Liudas Mockūnas ss
2. YELLOW LINE
纐纈雅代 Masayo Koketsu as, Liudas Mockūnas ss, water prepared ss
3. RED LINE
梅津和時 Kazutoki Umezu bcl, cl, ss, as, Liudas Mockūnas ss
4. GREEN LINE
大友良英 Yoshihide Otomo g, 梅津和時 Kazutoki Umezu bcl, ss, as, Liudas Mockūnas ts
5. BLUE LINE
坂田明 Akira Sakata cl, as, vc, 林栄一 Eiichi Hayashi as, Liudas Mockūnas ts, ss

Recorded at Bitches Brew in Yokohama, December 2018 by Liudas Mockūnas
Mixed at KDK by Dainius Kazilionis and Liudas Mockūnas
Mastered at KDK by Dainius Kazilionis
Design by Neringa Žukauskaitė
Photos by Kenny Inaoka, Liudas Mockūnas
Produced by Liudas Mockūnas and Danas Mikailionis
Co-producer Valerij Anosov


筆者が驚いたのはサウンド。この類のbcl、as、ss、ts、の輪郭が綺麗に表現されていて混濁がない。加えて、音場感が綺麗に整えられていて、それが快感に結びつく。録音の優秀さに驚嘆。写真から納得を得るのはマイキング。全てダイナミックマイクで統一。筆者もやられたなと...。傾向の似たサウンドの集積なら濁りもないし、ミュージッシャンが自己の好みのサウンドを探りながら演奏できる。ショックだったので、数十回聴いた。それに写真を何回探ったか...。音像定位がしっかりしているのは当然の結果。


♪ 関連記事
CDレヴュー(齊藤聡)
https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-62759/

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。