#671 『Srdjan Ivanovic Blazin’ Quartet / Sleeping Beauty』
『スルジャン・イヴァノヴィチ ブレイジン:カルテット/スリーピング・ビューティ』

閲覧回数 15,224 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

MoonJune Records

Srdjan Ivanovic Blazin’ Quartet:
Andreas Polyzogopoulos (trumpet) [Greece] アンドレアス・ポリュゾゴプロス
Federico Casagrande (guitar) [Italy] フェデリコ・カサグランデ
Mihail Ivanov (double bass) [Bulgaria] ミハイル・イヴァノフ
Srdjan Ivanovic (drums, keyboards, compositions, arrangements) [Bosnia & Herzegovina]スルジャン・イヴァノヴィチ
special guest: Magic Malik (flute) [Ivory Coast]マジック・マリック

1 Intro 1:28
2 Sleeping Beauty 6:00
3 The Man With The Harmonica  7:04
4 Guchi Flute 6:46
5 Andreas 2:15
6 Rue Des Balkans 5:41
7 Sleeping Beauty (Solo Guitar) 2:20
8 À l’Aube Du Cinquième Jour (Gott Mit Uns) 4:38
9 Outro 1:39

All compositions by Srdjan Ivanovic except: Track 3 & 8 by Ennio Morricone & Track 5 by Andreas Polyzogopoulos & Srdjan Ivanovic.
Recorded November 21 & 22, 2019 at Studio Aeronef, Paris.
Produced by Srdjan Ivanovic.


イタリアギターの美しさ。これには陶酔。ダブルベースの重みのサウンドと絡まって、オーディオの領域に移りたい。ゲストのスペシャルはフルート。このサウンドは聴く身が震えた。トランペットの奏でる厚みの音は、気分を変える。特別な音場空間に特殊楽器の配置を聴くと、気持ちが落ち着く。今月の聴きどころの最優秀盤だ。


♪ 関連記事
CDレヴュー(岡崎 凛)
https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-65578/



及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。