#668 『EST:エスビョルン・スヴェンソン・トリオ / ホエン・エヴリワン・ハズ・ゴーン』

閲覧回数 10,005 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

BSMF 7626. ¥1,980(税込)

Esbjorn Svensson Trio (エスビョルン・スヴェンソン・トリオ);
エスビョルン・スヴェンソン (piano, Fender Rhodes, Syntheseizer)
ダン・ベルグルンド (bass)
マグヌス・オストロム (drums)

1. When Everyone Has Gone
2. Fingertrip
3. Free Four
4. Stella By Starlight
5. 4 am
6. Mohammed Goes To New York Part 1
7. Mohammed Goes To New York Part 2
8. Waltz For The Lonely Ones
9. Silly Walk
10. Tough Tough
11. Hands Off
All composed by Esbjörn Svensson except track4 by Victor Young

Recorded at Sun Studio, Copenhagen July 2-4, September 2 and 3, 1993
Engineer: Bjarne Hansen
Mastered by Digitalfabriken
Produced by EST & Leif Collin


Pfの穏やかな演奏で、近接マイクの表情がすごく良い。ドラムの被りのない鮮明な表情で、Pfの「どうだい!」という旋律に乗って、気持ちいい。ベースの重みの音もしっかり捉えた録音だ。どの曲も自然を眺めている。


及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。