#678 『小橋敦子&トニー・オーヴァーウォーター/クレッセント』
『Atzko Kohasi & Tony Overwater / Crescent』

閲覧回数 11,177 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

studiosongs  YZSO-10114

小橋敦子 Atzko Kohashi (p)
トニー・オーヴァーウォーター Tony Overwater (b)

1. Wise One (John Coltrane)
2. What’s New (Bob Haggard)
3. Lonnie’s Lament (John Coltrane)
4. De Boot (Tony Overwater)
5. Crescent (John Coltrane)
6. Nightfall (Charlie Haden)
7. Mr. Syms (John Coltrane)
8. Our Spanish Love Song (Charlie Haden)
9. As Long As There’s Music (Jule Styne)

Produced by Atzko Kohashi & Tony Overwater
Executive producer: Tetsuya Iwasaki
Recorded at Beauforthuis, Austeriliz in the Netherlands by Frans de Rond on Februry14,2021
Mixed and mastered at MCO studio, Hilversun in the Netherlands by Fans de Rond on March 28, 2021
Original recording formt: 96 kHZ/24bit
Piano: Fazioli Modello F228 tuned by Naomi van Schoot
Bass: 18th century Bohemian bass, maker unknown, Gut strings
Cover design: Odesign.nl
Art design: Tony Overwater


音の表現に明るさが充満していて、聴くごとに聴覚が和む。ピアノを飾る音色の透明感がリスナーを安堵させる。日頃、聴いているピアノとは何か異なる。録音技術的な技か、ピアノの個性か。マイキングがどうのとかを推察しても無駄である。ベースの重量感にオンマイクを想像するが、弦の響きの特徴か?バランスが優れていて、音量をあげて鑑賞した。


CDレヴュー(市之瀬浩盟)
https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-67619/

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。