#885『アート・ファーマー・カルテット w/ジム・ホール/スウェーデンから愛を込めて』
『Art Farmer Quartet with Jim Hall / From Sweden with Love』

閲覧回数 3,409 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

BSMF-7646  2,200円(税込2,420円) *10/29発売予定

アート・ファーマー (flgh)
ジム・ホール(g)
スティーヴ・スワロー(b)
ピート・ラロカ(ds)

1. Sometime Ago
2. Waltz Hot
3. Theme For Jobim
4. I Love You
5. Polkadots and Moonbeams
6. Bilbao Song
7. Birks’ Works

1964年 スウェーデン


ギターの音像が身震いさせる。全音域のサウンドが立体感を保ち
空間を想像させる。全てのセクションに楽器の音像を肉厚に聞かせる技に耳をそばだてる。エンジニアの仕込みからミックスまで、音像感の表現が濃厚に現れている。このレーベルの特徴と言える。(及川)


トランペット&フリューゲルホルン奏者、アート・ファーマーがヨーロッパに拠点を移すきっかけとなった1964年の名盤『To Sweden With Love(スウェーデンに愛をこめて)』(Atlantic) の録音直後にスウェーデンで行われた未発表ライブ音源をリマスターしてリリース!メンバーは、この時期活動を共にしていたジム・ホール(g)とスティーヴ・スワロー(b)、ピート・ラロカ(ds)からなるカルテット。ジェリー・マリガン、ディジー・ガレスピーなどの楽曲を暖かいファーマーとホールの音色と極上のアドリブで聴かせた名盤。(メイカー資料より)

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。