#887 『仲野麻紀/openradio』
『Maki NAKANO / openradio』

閲覧回数 3,387 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

openmusic opjp-cd-1014

仲野麻紀 Maki NAKANO
instruments : Alto Sax, Metal-Clarinet, Alto-Clarinet, Voice, Reface DX, Taârija, Shekere, Hamon, Baccarat crystal glass, Udu, Kalimba, Balafon, Piano, Field Recording

01 Trilce -vers Fontainebleau- (César Vallejo) (1:21) トリルセ-フォンテーヌブローへ- (セサル・バジェッホ)
02 The cost of living (Arundhati Roy) (1:29) わたしの愛したインド (アルンダティ・ロイ)
03 L’arbre des voyageurs (Tristan Tzara) (2:58) 旅人たちの樹(トリスタン・ツァラ)
04 Duhont’ar ar mane (4:32) (ブルターニュ伝統曲)
05 L’étoile et la fête / Hoshi to Matsuri (Yasushi Inoue) (0:22) 星と祭 (井上靖)
06 Impressions d’Afrique (Raymond Roussel) (2:35) アフリカの印象 (レーモン・ルーセル)
07 À cor et à cri (Michel Leiris) (3:20) 角笛と叫び(ミシェル・レリス)
08 The doors of perception (Aldous Huxley) (2:53) 知覚の扉(オルダス・ハスクレー)
09 Larme qui ne voit pas / Mienai Namida (Eisuke Wakamatsu) (2:44) 見えない涙(若松英輔)
10 La voix du vent (Fujiko Otani) (4:24) 風の声(大谷藤子)
11 Peau noire, masques blancs (Frantz Fanon) (1:47) 黒い肌、白い仮面(フランツ・ファノン)
12 Onmyoji (Baku Yumemakura) (3:16) 陰陽師(夢枕獏)
13 La Mer aux arbres morts / Karekinada (Kenji Nakagami) (2:14) 枯木灘(中上健次)
14 Analogique Maladroit (3:23) 不器用なアナログ
15 Trilce -vers Susukawa- (César Vallejo) (0:44) トリルセ-煤川へ-(セサル・バジェホ)
16 ボーナストラック

Recording : 2020-2021 in France
Recording+Mix : Pippostar (Novisa studiomobile)
Masterling : Tom Van Den Heuvel (VDH recordings), 2021
Production & Copyright : openmusic
Distribution : Nadja 21/キングインターナショナル


録音、ミックス、に相当の時間を要し、音像による楽器の特質を聴かせて、オーディオの質量を知らされる感触を感じた。
楽器が多種にわたる録音である事。声の音像・輪郭も明瞭で、ミックス、マスタリングの技術を評価したい。

*CDレヴュー(金野Onnyk吉晃)
https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-70573/

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。