#890 『Futari/Underground』
『Futari / アンダーグラウンド』

閲覧回数 6,445 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Libra Records LIBRA202069 ¥2300+税

Futari:
齊藤易子 Taiko Saito- marimba, vibraphone
藤井郷子 Satoko Fujii- piano, voice

1. Underground 4’55”
2. Break in the Clouds 4’41”
3. Meeresspiegel 4’11”
4. Air 7’08”
5. Frost Stirring 2’56”
6. Memory Illusion 3’25”
7. Finite or Infinite 8’08”
8. Asayake 4’41”
9. Street Ramp 6’19”
10. One Note Techno Punks (bonus track) 4’13”
All composed by Taiko Saito and Satoko Fujii

Satoko Fujii’s solo tracks were recorded by Fujii at her home in Kobe, Japan in June, July and August 2021
Taiko Saito’s solo tracks for “Underground””Break in the Clouds” “Frost Stirring””Memory Illusion” and “Asayake” were recorded by Volker Meitz at his studio in Berlin, Germany in 2018. “Finite or Infinite” was recorded by Satoshi Okamoto at his studio in Berlin, Germany in November 2020. “Meerespiegel””Air””Street Ramp” and “One Note Techno Punks” were recorded by Saito at her studio in Berlin in July and August 2021.
Mixed by Satoko Fujii in July and August 2021
Mastered by Mike Marciano, Systems Two, Long Island, NY in August 2021


音源が二箇所の録音である。一箇所のミックス仕上がりサウンドから二箇所目のサウンドをミックス。実に面白いサウンドの仕上がり。重厚な音が支配し、耳に強い印象を残す。緻密な音の重ねが巨大空間の印象を聴く。謎の音響空間に浸り、さらに音響的感動に移る。リバーブ等がすごく、サウンド空間を作り出している。

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。