#899 『フレッド・ハーシュ/ブレス・バイ・ブレス』
『Fred Hersch / Breath by Breath』

閲覧回数 10,900 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Free Flying 2022 FFPC001

Fred Hersch (piano)
Drew Gress (bass)
Jochen Rüeckert (drums)
Rogerio Boccato (percussion)* on (6) Mara

Crosby Street String Quartet:
Joyce Hammann & Laura Seaton (violins)
Lois Martin (viola)
Jody Redhage Ferber (cello)

The Sati Suite:
1 Begin Again
2 Awakened Heart
3 Breath by Breath
4 Monkey Mind
5 Rising, Falling
6 Mara *
7 Know That You Are
8 Worldly Winds
9 Pastorale (homáge a Robert Schumann)
all compositions by Fred Hersch

Engineering by James Farber & David Stoller
Mixed by Brian Montgomery
Mastered by Klaus Schuermann
Recorded at The Samurai Hotel ,Astoria NY, August 24-25,2021
Produced by Franky Rousseau & Fred Hersch
Executive producer: Missi Callazzo


ピアノの音色が技術で浮かぶ当たり前を重力に使った録音と言える。マイクの力をかなり使ってサウンドを整えている。ピアノのマイクの置き場所はエンジニアの技術である。その位置をかなりのテストで決めたと感じられる音色である。バイオリン、ドラム、コントラバスも当然マイクが設置されて、録音時にお互いのバランスを整える。すごく熱の入った音像の表現に脱帽。

♫ CDレヴュー(淡中隆史)
https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-73719/

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。