#897 『モモコ アイダ / モモコ アイダ』
『Momoko Aida / Momoko Aida』

閲覧回数 10,117 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

B.J.L / SPACE SHOWER MUSIC
DDCB-13052/13053 (2CD) ¥3,400(税込)

クアトロシエントス(Cuatrocientos):
会田桃子 (violin, viola, vocal)
北村聡 (bandoneon)
林正樹 (piano)
西嶋徹 (bass)

藤本一馬 (guitar)
徳澤青弦 (cello)
岡部洋一 (percussion)

[CD1]DDCB-13052
1.クアンド・エスクーチョ・トュ・ボス
2.ワイニョ・オリエンタル
3.シャドーズ・オブ・エコーズ
4.ヴァルス・デ・ス・ヴィーダ
5.ルイード・ソル
6.茜色の鈴 アカネイロノスズ
7.アレーナ・アマリージャ(黄色い砂)
8.スエニョ・デ・フベントゥ(青春の夢)
9.デスデ・ラ・イオノスフェーラ(電離層から)
10.ウタカタビト

[CD2] DDCB-13053
1.エル・ディア・ケ・メ・キエラス
2.エル・ウルティモ・カフェ(最後のコーヒー)
3.ソレダー
4.ナーダ
5.ポル・ラ・ブエルタ
6.ア・リトル・ライト
7.アルフォンシーナ・イ・エル・マール(アルフォンシーナと海)
8.夏の幻 ナツノマボロシ

Recorded at aLIVE RECORDING STUDIO, September 15,21,24 & 30, 2021
Mixed at STUDIO KK, October 1~26, 2021
Recording & Mixing Engineer: Kentaroh Kikuchi
Assistant Engineer: HayatoTakashima (aLIVE RECORDING STUDIO)
Mastered at AUBRITE MASTERING STUDIO, October 30~November 5, 2021
Mastering Engineer: Yoei Hashimoto
A&R: Kenji Seki
Produced by Momoko Aida & Takashi Tannaka


バイオリン〜弦楽四重奏。音源に多彩な楽器。バンドネオン、ピアノ、ベース、チェロ。
コントラバスの豊かな低音にまず惹かれる。低音部のキレのいいサウンド
が引き立つ。バンドネオンとパーカッションの音像が凄く引き立っていて、筆者は黙っていられない。
ギターとベースのサウンドは、昔、ハイファイと言った時代を思い出す。
ボーカルが、単なるマイキングではなく。かなり時間を要したのでは?


及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。