JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

閲覧回数 66,789 回

R.I.P. / 追悼international(海外)NewsR.I.P. トマシュ・スタンコ

7/29 トランペッター トマシュ・スタンコ逝く

ポーランド出身のトランペット奏者トマシュ(トーマス)・スタンコが7月29日早朝ワルシャワの病院で死去した。享年76。年初に肺癌と診断され入院加療中だった。

スタンコは60年代ロマン・ポランスキーの映画のサウンドトラックを担当したクシシュトフ・コメダ・グループでの演奏を通じて頭角を現し、以後、チェット・ベイカーやマイルス・デイヴィスを彷彿させるバラードからセシル•テイラーやグローブ・ユニティでのアグレッシヴな演奏まで幅広い奏法を獲得、ヨーロッパを代表するトランペッターと目されるに至った。近年はマンハッタンに居を構えニューヨーク・カルテットを組んでNYでも積極的に活動を展開していた。

スタンコ独特のサウンドについて本人は“スラヴの憂愁とアメリカのブルースが合体したもの”と表現している。
1976年のデビュー以来創作活動の拠点としていたECMでは、公式サイトのトップにマンフレート・アイヒャー自選の録音を流し最大限の追悼の意を表している。

https://www.ecmrecords.com/home

*photo: courtecy of ECM Records

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください