小説「ゴースト」(上) 金野吉晃

閲覧回数 6,260 回

「ジョン・コルトレーンだ。よろしく」。相手は、それが誰だか分かると、さっと立ち上がり手を差し出した。「アルバート・アイラーです。お目にかかれて光栄です」。

Read more

「追悼。CT考」

閲覧回数 15,240 回

 私は声にしなければならない。
「いでよ、今一人の異端者!今一人のセシル・テイラー!」

Read more