#2134 『マーク・ルワンドウスキ / Under One Sky』

閲覧回数 4,076 回

師のヘンリー・グライムスがときに恐竜の足踏みのような轟音をもつ剛の者だとすれば、マーク・ルワンドウスキは柔の者である。きめ細かな和音をもつアディソン・フライのピアノ、目が覚める繊細さと速度をもつクッシュ・アバディのドラムスとともに提示されるサウンドはシンプルでありながら複雑な変化やグラデーションがあり、少なからず陶然とさせられてしまう。

続きを読む

#1990 『Cory Smythe / Accelerate Every Voice』

閲覧回数 17,872 回

コーリー・スマイスがまた刮目すべき作品を発表した。緻密かつ自由な5人のヴォイス・アンサンブルと即興を展開するとともに、自身は鍵盤とエレクトロニクスで演奏に参加している。大きな広がりも有機的な重層性もあり、全体として意思を持つようなサウンドである。

続きを読む

音の見える風景 Chapter 60「リチャード・デイヴィス」 

閲覧回数 25,003 回

こうした多方面にわたる活躍が評価され2014年にはNEAのジャズマスターに選出されている。

続きを読む