JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

アーサー・ブライス

特集『ECM: 私の1枚』

佐藤英輔『Jack DeJohnette / Special Edition』
『ジャック・ディジョネット/スペシャル・エディション』

繰り返すが、アイヒャーが制作していないことも含め、このイケてるアフリカン・アメリカンたちによる本作をECM発と意識して聞いたことはない。

Read More
No. 229R.I.P. アーサー・ブライス

R.I.P. Arthur Blythe Jack DeJohnette

デイヴィッド・マレイ(ts)、ピーター・ウォーレン(b) とともに私のバンド「スペシャル・エディション」に参加してくれるよう頼み込んだ。それは素晴らしい音楽の出会いとなり、「スペシャル・エディション」は永く語り継がれるバンドとなった。

Read More
No. 229R.I.P. アーサー・ブライス

Arthur Blythe : A Tone Master of the Alto Saxophone Oscar Deric Brown

私はベニー・ゴルソンが耳元で、「いいかい、彼のトーン、彼のサウンドだ。よく聴いておくんだぞ」と囁いたのをはっきりと覚えている。アーサー・ブライスが“トーン・マスター”であることをベニー・ゴルソンが認めたのだ。

Read More
ヒロ・ホンシュクの楽曲解説No. 229R.I.P. アーサー・ブライス

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #18 『Caravan』

アバンギャルドという看板を背負わされたことを嫌い、黒人文化と黒人音楽の伝統を守りながら驚くべきクリエイティビティーを世に残したアーサー・ブライスだったが、商業的に成功しなかったことに苦悩し、パーキンソン氏病に倒れた彼の真のジャズ・アーティストとしての姿を分析してみると同時に、ジャズ・ラテンという曖昧なスタイルの解析も試みてみた。

Read More