#36 カウント・ベイシーとキャプテンズ・ハット

閲覧回数 600 回

偉大なバンド・リーダとして活躍したカウント・ベイシーと、トレード・マークでもあったキャプテンズ・ハットについて。

続きを読む

ジャズ・ア・ラ・モード#22. ビリー・ホリデイの最高にゴージャスなアクセサリー

閲覧回数 9,987 回

ビリー・ホリデイのガーディアの花でもなく、華やかなローブ・デコルテのロングドレスの話でもない。ビリー・ホリデイの愛犬の話について。

続きを読む

ジャズ・ア・ラ・モード # 20. ジミー・ラッシングのダンディズム

閲覧回数 13,166 回

カンザス・シティで活躍していたビッグ・ジョー・ターナーとジミー・ラッシンッグ。
体が人並みはずれて大きいが、粋でおしゃれなシンガー達だ。

続きを読む

ジャズ・ア・ラ・モード #18 メルバ・リストンのエレガンス

閲覧回数 17,569 回

メルバ・リストンは女性であることを全く媚びず、インテリジェンスをひけらかす事もなく、常に控えめなファッションに身を包み、あくまで男性陣の中に巧く溶け込み、やるべき事を完璧にこなして行った。そこに『メルバ・リストンの真のエレガンス』がある。

続きを読む

ジャズ・ア・ラ・モード #4. スタイリッシュなバンドリーダー達

閲覧回数 19,392 回

初期の多くのジャズミュージシャンたちは服装に凝っていた。パリッとした服装は成熟と成功を意味していた。

続きを読む

42.カンザス・シティに通い始めた頃~どうしてカンザス・シティ?

閲覧回数 16,862 回

初めて訪れたのは1998年。一昔前の話だが、あれから随分時間が経った。色んな事があった・・・と、当時の事がつらつらと懐かしく思い出されてきた。「カンザス・シティの人と音楽」のコラムは2007年にスタートした。今回で42回目になる。様々な事をこのコラムで紹介して来たが、私が何故この街に通い始めたかといういきさつと、当時の事に話を戻そうと思う。

続きを読む