5/19 米「JJAジャズ・アウォード2020」女性受賞者が過半数を占める

閲覧回数 9,487 回

四半世紀の歴史で初めて女性の受賞者が過半数を超えた。なお「最優秀レーベル賞」は ECMが受賞した。

続きを読む

10/17-28 ジャズフェスティバル・エスリンゲン〜 ECM 特集

閲覧回数 28,220 回

ドイツ・エスリンゲンでジャズフェスティバルが開催され、2018年はECM 50周年にフォーカスし、エグベルト・ジスモンチ、ラルフ・タウナー、カーラ・ブレイ、クリス・ポッターなどのコンサートが行われ、10月20日にはマンフレート・アイヒャーを追った映画『Sound and Silence』の上映と、マンフレートの講演が予定されている。

続きを読む

10/12-14 韓国 ジャラサム・ジャズ・フェスティバル 〜 カーラ・ブレイ、ニック・ベルチェ”浪人”、コリン・ヴァロン

閲覧回数 22,722 回

10/12-14に韓国で開催されるジャラサム・ジャズ・フェスティバルに、カーラ・ブレイ、スティーヴ・スワロー、アンディ・シェパードのトリオが出演。この他、ECM関連では、ニック・ベルチェ”浪人”、コリン・ヴァロン・トリオが出演する。

続きを読む

RIP Roswell Rudd 追悼 ラズウェル・ラッド

閲覧回数 23,179 回

ディキシーランド・ジャズからスタートしたラズウェル・ラッドの長い音楽キャリアは時代を反映したフリー系ジャズを経て、ワールド・ミュージックで幕を閉じた。

続きを読む

RIP Roswell Rudd by Carla Bley

閲覧回数 15,381 回

ラズウェルのために書いた楽曲がピアノで作曲したように聞こえるという批評を受け、それからはホーンのためにはホーン奏者の身になって書くように心がけるようになりました。

続きを読む

ある音楽プロデューサーの軌跡 #38「日野皓正・元彦さんとの仕事」

閲覧回数 30,074 回

元彦さんは皓正さんを「兄貴」と慕い、皓正さんは元彦さんを「トコ」と何かにつけ目をかけていた。二人はとても生真面目で真摯に音楽に立ち向かい、自らを厳しく律していた。

続きを読む

#02 カーラ・ブレイ

閲覧回数 28,893 回

カーラ・ブレイの作曲面でのアプローチ、既成のイディオムに縛られず、独自のメロディー・ラインやコード進行に依る世界はジャズにおける作曲と即興演奏を再定義させるもので、直接的、間接的に多くのミュージシャンに影響を与え、現代のジャズに繋がっている。

続きを読む

Vol.62 | イーダ、それからコルトレーン

閲覧回数 41,814 回

text by Masahiko YUH

続きを読む

音の見える風景 Chapter #4「カーラ・ブレイ」

閲覧回数 6,205 回

カーラ・ブレイはなんとも形容しがたいほどかわいいチャーミングな女性である。そして、ファインダーでみるカーラは天真爛漫で純粋、シャイのかたまりである。

続きを読む