追悼 リー・コニッツ 〜 クールジャズからECMまで活躍したサックスプレイヤー

閲覧回数 16,377 回

クールジャズ期から現代まで活躍したアルトサックス奏者で、ECMでの2枚も含め2019年まで精力的に活動したリー・コニッツが新型コロナウイルスのため92歳で亡くなった。

続きを読む

#523 『David Torn|Tim Berne | Ches Smith / Sun of Goldfinger』
『デイヴィッド・トーン|ティム・バーン|チェス・スミス/サン・オブ・ゴールドフィンガー』

閲覧回数 11,355 回

ベース低音の迫力は恐怖感さえ感じる飽和の勢い。

続きを読む

ECMからデヴィッド・トーンとドミニク・ミラーの新作リリース

閲覧回数 19,081 回

ECMからふたりの異色ギタリスト、デヴィッド・トーンとドミニク・ミラーの新作リリース。

続きを読む

#973 2017年9月のニューヨーク

閲覧回数 60,609 回

2017年9月のニューヨーク・ジャズシーン報告。

続きを読む

#1393『Craig Taborn / Daylight Ghost』

閲覧回数 29,862 回

この『Daylight Ghost』の最大のポイントは、ズバリ、管のクリス・スピードの存在だ、このナナメになった棒読みトーンの官能だ、

続きを読む

ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第9回 イングリッド・ラウブロック~曲がりくねる道を歩く、真っ直ぐなひと~

閲覧回数 36,323 回

草むらを這う蛇の様に予測のつかない動きで曲がりくねった道を進んでいくラブロックの演奏は、私達を時に翻弄するかもしれない。遊び心と探求心に満ち溢れた彼女の実験の数々に戸惑いながらも、驚きと発見を渇望するひとびとはその音色を追いかけずにはいられないだろう。

続きを読む

連載第12回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 32,518 回

チェス・スミス Ches Smith『The Bell』、マイケル・フォスター Michael Foster+レイラ・ボルドレイユ Leila Bordreuil『The Caustic Ballads』

続きを読む

連載第11回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 33,247 回

The Stoneにおいて、1月の最終週、クレイグ・テイボーンが6夜の演奏を行った。待望のレジデンシーである。テイボーンが、90年代半ばの登場以来もっとも才能があり革新的なピアニストだということは、多くが認めるところだ。ここでも、魅惑的な幅広いパフォーマンスをみせた。

続きを読む