JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

クレイグ・テイボーン

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説No. 304

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #93 Chris Potter<Got The Keys To The Kingdom>

お気に入りのChris Potter(クリス・ポッター)の、待望のVillage Vanguard(ヴィレッジ・ヴァンガード)のライブ録音三作目が出た。選曲といい、それぞれの曲の料理方法といい、バンドの完成度といい、全てが素晴らしい出来なのだが、なんと言ってもポッターの演奏の進化ぶりに驚いた。実直な会社員風の、アーティスト然としていない彼のインタビューをネットから拾って、彼の音楽の解説を試みた。

Read More
international(海外)NewsR.I.P. リー・コニッツNo. 265

追悼 リー・コニッツ 〜 クールジャズからECMまで活躍したサックスプレイヤー

クールジャズ期から現代まで活躍したアルトサックス奏者で、ECMでの2枚も含め2019年まで精力的に活動したリー・コニッツが新型コロナウイルスのため92歳で亡くなった。

Read More
Concerts/Live ShowsJazz Right NowNo. 234

#973 2017年9月のニューヨーク

2017年9月のニューヨーク・ジャズシーン報告。

Read More
ニューヨーク:変容するジャズのいま 蓮見令麻No. 224

ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第9回 イングリッド・ラウブロック~曲がりくねる道を歩く、真っ直ぐなひと~

草むらを這う蛇の様に予測のつかない動きで曲がりくねった道を進んでいくラブロックの演奏は、私達を時に翻弄するかもしれない。遊び心と探求心に満ち溢れた彼女の実験の数々に戸惑いながらも、驚きと発見を渇望するひとびとはその音色を追いかけずにはいられないだろう。

Read More
ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報No. 217

連載第12回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

チェス・スミス Ches Smith『The Bell』、マイケル・フォスター Michael Foster+レイラ・ボルドレイユ Leila Bordreuil『The Caustic Ballads』

Read More
No. 216ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

連載第11回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

The Stoneにおいて、1月の最終週、クレイグ・テイボーンが6夜の演奏を行った。待望のレジデンシーである。テイボーンが、90年代半ばの登場以来もっとも才能があり革新的なピアニストだということは、多くが認めるところだ。ここでも、魅惑的な幅広いパフォーマンスをみせた。

Read More