#535『Paul Bley Trio / When Will The Blues Leave』
『ポール・ブレイ・トリオ/ホェン・ウィル・ザ・ブルース・リーヴ』

閲覧回数 4,675 回

低音部から高音部まで、エッジの効いた透明な音は、まさにマイキングの効果だ。

Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #29 Keith Jarrett <Old Folks>

閲覧回数 35,582 回

最初筆者があまり得意でなかったキースのこのトリオ、彼は1988年に病に倒れ、2年間の療養の後グルーヴ感をすっかり変えた。それを記録する貴重なアルバムがこの『After The Fall』。この「スタンダーズ・トリオ」のタイム感のすごさを解説。加えて、名曲<Old Folks>での、キースには珍しい彼のインプロの垂直アプローチを掘り下げてみた。

Read more

# 1454『Gary Peacock Trio / Tangents』

閲覧回数 15,754 回

「ベース奏者によっていかにレベルが上がるものか」と形容できるベーシストはジャズ史において、スコット・ラファロ、ゲイリー・ピーコック、トーマス・モーガンだけです、

Read more

8/25 ECMから一挙新作6タイトルがリリース

閲覧回数 23,261 回

音楽の秋、芸術の秋を前にECMから新作が一挙に6タイトル リリースされた。ジャズ系、ニュー・シリーズ系各3タイトルずつ。

Read more

Interview #127 (#61 Archive) Keith Jarrett- Part 2

閲覧回数 396 回

僕のソロを “作曲” として見て一作選べと問われれば、僕は『ラディエンス』を推す。

Read more

#Interview #126(#60) Keith Jarrett -Part1-

閲覧回数 626 回

だから「インプロヴィゼーションを最優先して、これからの人生を過ごそう」と誓ったんだ。年を取りすぎて演奏できなくなるまでね(too old to play)。

Read more

Interview #12 「菊地 ”Poo” 雅章」

閲覧回数 1,682 回

俺もそうだけど、ゲイリー(ピーコック)もポール(モウシャン)もチャレンジが好きだからね。新しいテーマを決めてそれの達成のためにチャレンジしていく。

Read more