音の見える風景 Chapter #6「ペーター・ブロッツマン」

閲覧回数 3,605 回

ただただ痛快そのもの、狂気の一歩手前と言いたくなるほどその瞬発力は時を忘れさせてくれる。しかし、その内奥には優しい呼びかけ、訴えがある。

Read more