JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

ジェレミー・スタイグ

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説No. 293

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #82 R.I.P. Warren Bernhardt <Modern Times>

ウォーレン・バーンハートが83歳で亡くなった。ブレッカー・ブラザーズが経営していた、スタジオ・ミュージシャンたちの息抜きの場であったジャズクラブ、Seventh Avenue Southで活躍するアーティストの一人だった。彼の演奏や作曲作品が大好きだったので、なぜもっと評価されないのかその謎を探ると、驚くべき経歴が浮かび上がった。

Read More
Jazz Meets 杉田誠一No. 219R.I.P. ジェレミー・スタイグ

#97 追悼 ジェレミー・スタイグ

ほんの1週間前の、ヘロヘロ苦汁のエヴァンスとはまったく別人かと思わせるほどの活性化である。明白に、スタイグは、トリオを凄まじくも。扇情的にあおり続ける。ゴメスとマーティ・モレルは、ただただリズムを正確に刻んでさえいれば、用が足りた。

Read More
No. 219R.I.P. ジェレミー・スタイグ

『What’s New at F』

私の関わらせていただいた録りの中でも、これほど一気に我々スタッフのお腹の中をもエグるように通り過ぎて行ったライヴ録音は無かったのではないでしょうか。及川氏の凄技をいっぱいソバで見てきましたが痛烈に印象深い録りの一つです。

Read More
No. 219R.I.P. ジェレミー・スタイグ

Flute Fever

ジャズ・フルート奏者のソロをどれか1曲だけ聴くなら、ジェレミー・スタイグの<オレオ>に限る、ということだ。この衝動を抑えきれない演奏のスピリットはいつの時代にあっても(そして今後も)最高のジャズ・フルート・ソロの1つの典型であり、われわれすべての者にとってのギフトだからだ。

Read More
CD/DVD DisksNo. 219ヒロ・ホンシュクの楽曲解説R.I.P. ジェレミー・スタイグ

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #8 追悼ジェレミー・スタイグ

ジェレミー・スタイグが亡くなってしまった

Read More