デレク・ベイリーを論ず(2) 金野吉晃

閲覧回数 761 回

デレク・ベイリーは、西欧音楽の理念的発展と、抑制しがたい即興性の葛藤の間に出現し、その「引き裂かれた音楽」を他の誰よりもそれを如実に示している。

Read more

#352  『エラ・フィッツジェラルド/ス‘ワンダフル〜エラ・ライヴ・イン・アムステルダム1957&1960』

閲覧回数 12,513 回

57年と60年録音の違いは場内の拍手で判る。

Read more

Chapter 45 ポール・デスモンド 

閲覧回数 69,602 回

ポールのフレーズをなぞらえるミュージシャンは結構いるがポールのニュアンスまでも引き出すことは出来ない。
常に唯一無二の存在であり続けたポールの音は永遠に不滅である。

Read more