JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

ジャン・サスポータス

このディスク2019(国内編)No. 261

#07 『Sluggish Waltz スロッギーのワルツ』

追悼・齋藤徹さん。亡くなる直前に、詩人やダンサーとのコラボレーションを模索していた。世界に生きる誰もが<この身体で/身体だけで>旅を続けなければならない。それが世界に向けられた齋藤徹さんの最後のメッセージではなかったかと思っている。

Read More
CD/DVD DisksR.I.P. 齋藤徹No. 254

#1613 『Sluggish Waltz スロッギーのワルツ』

齋藤徹は、再び、ことばを中心に据えたプロジェクトを形作った。それは音楽だけではない。同時代の詩人たちが詩を持ち寄り(齋藤の幼馴染であった渡辺洋は故人ゆえ、齋藤が渡辺の詩を選んだ)、松本泰子が歌い、庄﨑隆志が踊る。また詩人たちも朗読などによってテキストだけではないかかわりを持つ。

Read More